Z1000Mk2 W.T様 スタータークラッチ交換

最近エンジン始動時に、
ジェネレーターカバー内からカツンと大きな音がすることがあるとのこと。
スタータークラッチの飛びが原因と予想し、部品交換することに。
イメージ 1

前回のエンジン分解時には、まだ継続使用できると思い未交換でした。イメージ 2

現状はめったに再現しないほど軽症ではありますが、
根本治療するために分解修理します。
イメージ 3

ジェネレーターカバーを外します。イメージ 4

ジェネレーターローターを外します。イメージ 5

やはりそれなりに消耗しているので、
スタータークラッチ周り一式を新品交換します。イメージ 6

先ず、スターターギヤはこんな感じです。左の新品と比較します。イメージ 7

下側が取り外したもの。ローラーによる線状の圧痕が無数にあり、
指で触るとわずかに凸凹が感じられる程度です。
イメージ 8

こちらはスタータークラッチのハウジング側。イメージ 9

奥が外したもの。こちらも線状の圧痕が多数あり、
触ると凸凹がわずかに解ります。イメージ 10
イメージ 11

こちらはローラー。右側3個が外したもの。イメージ 12


こちらは目視でのみ線上痕が解る程度。イメージ 13

新しいスタータークラッチに交換します。イメージ 14

合わせて、履歴のわからないスターターモーターも新品交換します。イメージ 15

今新品交換しておけば、一生物といったところでしょう。イメージ 16

ジェネレーターローターの締め付けは、規定値でしっかりと。
イメージ 17

修理完了です。イメージ 18

追加のメニュー。タンデムステップが垂れてしまうので修正します。イメージ 19

ブラケットとステップの組み合わせが合っていないようです。
ステップ側にスペーサーを溶接して延長します。
イメージ 20

これで荷重がかかっても水平を保つようになりました。イメージ 21

反対側も同様に加工します。イメージ 22

続いて、リヤウインカーのぐらつきを減らします。
現状はノーマルのラバーマウントなので、上下にグラグラ動く感じです。
これを、荷掛フックに耐えるよう、もう少し固く固定します。
イメージ 23

分解して、ひし形の樹脂製スペーサーを取り出します。イメージ 24

スペーサーの長さを4ミリほど詰め、ラバーの締め代を増やします。イメージ 25
イメージ 26

短いスペーサーをセットして組み付けます。イメージ 27

反対側も同様に。イメージ 28

これでリヤウインカーはかなり固定化できました。
ツーリングの荷物固定に便利になるでしょう。
但し、玉切れの頻度は若干早くなるかもしれないのでご注意を。
イメージ 29