KZ900A4 F.K様 スイングアームピボットのガタ

チェーンとスプロケットを530にコンバートします。
イメージ 1

リヤスプロケットはノーマル風のスチール製で、取り付けるとこんな感じです。イメージ 2

ホイールの取り付け前にスイングアームピボットのガタを発見。イメージ 3

ピボットの締め付けが甘いので増し締めするとやや改善します。イメージ 4

念のため、スイングアームを外して点検します。イメージ 5

ピボットのスリーブを外してグリスを拭き取ってみると、
過去に焼き付いた痕があります。イメージ 6
イメージ 7

グリスはたっぷり入っていましたが、過去に焼き付いたようです。
イメージ 8

スリーブの内外ともキズが深いので、交換することに。イメージ 9

アウタースリーブを外します。スライディングハンマーでは外れません。イメージ 10

リューターで削って地道に外すことにします。イメージ 11

1/4くらい崩したところで抜けてきました。イメージ 12

片側のスリーブが抜けました。イメージ 13

反対側はパイプを入れて打ち抜きます。イメージ 14

ピボットベアリングが分解できました。イメージ 15

新しく組み付けるのはPAMS製のニードルベアリングキットの予定です。イメージ 16