GPZ1100 I.S様 エンジン火入れ

エンジンが組み上がったのでイメージ 1補器類を取り付けます。

オイルクーラーホース関係は継続使用です。イメージ 2

フィッティングのネジ部分には不要なシールテープが巻かれていたので
きれいに取り除きます。イメージ 3

ボルトとガスケット1枚は新品に。イメージ 4

オイルクーラーコアのネジ部にもシールテープがあるので取り除きます。イメージ 5
イメージ 6

フィッティングの組み立てにもシールテープが使われているようですが、
特に分解しないのでこのままとします。
オイルクーラーは今後下回しに変更予定です。
イメージ 7

オイルクーラーホースを復元します。イメージ 8

吸気系はCR33に変更します。
ケーブル受けのネジ山は、整備性を良くするためリーマーで削除します。
イメージ 9

M6ボルトが通ればOKです。イメージ 10

アイドルアジャスターはリモート式に変更します。イメージ 11

ブリーザーカバーはホースの抜け止めが無いタイプです。
イメージ 12

旋盤でホースの抜け止めを成形します。イメージ 13

抜け止め加工後はこんな感じ。イメージ 14

90°のブリーザーホースを使い取り付けます。イメージ 15

油温計のハーネスはスパイラルチューブで被覆してあり、
エンジン熱で溶けているので修正します。
イメージ 16

被覆はガラス編み組チューブに変更します。イメージ 17

コネクターやセンサー接続部も弱いのでまとめてカバーします。イメージ 18
イメージ 30

油温センサーの配線ができました。イメージ 19

マフラーにカラーをセットして取り付けます。
イメージ 20

バックステップに変わったので、
現車合わせでサイレンサーのステーを製作します。イメージ 21

製作したステーはこちら。マスターと共締めします。イメージ 22

マフラーが付きました。イメージ 23

ステーを後ろから見るとこんな感じ。イメージ 24


タンクを載せてエンジンを始動しようとしますがかかりません。
ガソリンが落ちてこないようなのでタンクを外し、
チェック用のミニタンクでガソリンを供給します。
無事、火入れ終了です。
イメージ 25

ガソリンが落ちてこないので、コックを外して点検します。イメージ 26

コックはサビなどで詰まっていました。
インジェクションモデルの場合、
コックにフィルターが付いていないので注意が必要です。イメージ 27

コックを洗浄し、パッキンを新品交換します。イメージ 28

いよいよ明日は試運転です。イメージ 29