Z1000Mk2 K.H様 モーリスホイールの加工

ワークスタイプローターを取り付ける準備をします。
先ずはフロントホイールのベアリングを外します。
イメージ 1

右側のオイルシールが入るフランジを切り取ります。イメージ 2

切断面を整えます。イメージ 3

ローターはワークス車と同じM8の6本止めにするため、ネジ穴を追加工します。イメージ 4

下穴を開けます。イメージ 5

ネジ切りします。イメージ 6

反対側も同様に。イメージ 7
イメージ 8

フロントホイールの加工が終了しました。イメージ 9

ローターを組み付けます。イメージ 10

センターのカラーは、現物合わせで長さを微調整してから組み立てます。イメージ 11

ローターが付いたら中空アクスルシャフトを通します。イメージ 12
イメージ 13

両端のナットにスパナを掛けてアクスルを締め付けます。イメージ 14

フロントローターとアクスルのセットアップが完了です。イメージ 15

一旦ローターを外し、タイヤを組み込みます。イメージ 16

タイヤを組み込んだらバランス調整します。イメージ 17

リヤも同様に。イメージ 18

ワークスタイプのソリッドスプロケットをキャリアにセットします。イメージ 19

ワークス車風にできるだけ小径にしてあります。ギヤ比は16×36Tです。イメージ 20

前後ホイールが完成しました。イメージ 21