KZ900A4 F.K様 ノーマルタイプハンドル取り付け

ノーマルタイプのハンドルが入荷したので作業再開です。イメージ 1

絞りハンドルからノーマルタイプハンドルに戻すので、
短いクラッチケーブルは純正長さに変更します。
新品取付時は、
上からエンジンオイルを10滴ほど内部に垂らして潤滑しておきます。
イメージ 2

中間部分からも同様に。イメージ 3

クラッチレバーのホルダーは、
調整付きの現行品からクラシックなデザインのZ1000J純正に交換します。
レバーはZ1300純正品を使用。少し長いのでクラッチワークが軽くなります。
イメージ 12


スプロケカバーを取り付けたら、プッシュロッドの遊びを調整します。イメージ 4

ブレーキホースも短いのですが、マスターの変更予定があるので、
今回は取り回しの変更で対応します。イメージ 5

ブレーキホースを一旦外して、フォークの前回しに変更します。
これで長さはOKです。ダミーパッドを付けてエア抜きします。
イメージ 6

ハンドル周りが完成です。イメージ 7イメージ 8

付いていたCRキャブを復元します。イメージ 9

チェック走行に向かいます。イメージ 10

操作系も軽くなり、ノーマルKZ900の軽快な乗り味が復活しました。イメージ 11