Z1000R2 T.T様 ハンドルロックストッパーの改造

ハンドルロックのストッパーの移設と、サイドスタンドの仕様変更のご依頼です。
イメージ 24


こちらの車両のハンドルロックはステムネックに付いている仕様で、
右に切った状態でロックが掛かります。
使い勝手が悪いとのことで、
一般的なイグニッションスイッチ連動タイプに変更します。
イメージ 1
お持ち込みいただいたのはこちらのイグニッションスイッチです。
右側の既存のスイッチにはロックの機構がありません。
イメージ 2

ストッパーを溶接で追加するのでフロント周りを分解し、
ダミーのインナーチューブを通します。
イメージ 3

厚紙でストッパーにちょうどいい形状を割り出します。
イメージ 25


型紙と同じ形状で、鉄板を切り出します。
イメージ 26


ステムベアリングの近くなので、熱で歪まないよう少しづつ溶接していきます。
イメージ 4


溶接したら、仮組して確認します。
イメージ 5

既存のロックを削除します。
イメージ 6

鉄板でふさぎます。イメージ 7

表面を研磨します。
イメージ 8

塗装して完成です。
イメージ 9

ステムベアリングは少しゴリ感があるので交換します。
イメージ 10

ノーマルでは付いていないロアベアリングのダストシールとして、
タンクキャップのパッキンを流用します。イメージ 11
ベアリングの下に嵌めるとこんな感じです。
イメージ 12


ステムを組み付けます。
イメージ 13

タンクパッキンを流用したダストシールはステムにピッタリです。
イメージ 14

フロント周りを復元していきます。
イメージ 15

イグニッションスイッチの配線は、メインハーネス側と合っていないので、
改造して適合させます。イメージ 16
フロント周りの完成です。
イメージ 17

続いてサイドスタンドの改造です。
既存のスタンドはヨーロッパ仕様の2段階に動作するタイプです。
違和感があるとのことで、通常のシンプルタイプに変更します。
素材はPMC製の溶接用ブラケットとアメリカ仕様のノーマルスタンドです。
イメージ 27


既存のブラケットを削除します。
イメージ 18
イメージ 19

削除したら滑らかに研磨します。
イメージ 20

溶接用のサイドスタンドブラケットです。
接合面積が少ないようなので、鉄板を当てて補強します。
イメージ 28



イメージ 21


イメージ 22

これで見た目にも安心です。
イメージ 29

フレームに当ててみるとこんな感じです。
イメージ 23