Z1000Mk2 K.H様 フロントフェンダーの加工

今回は、モーリスホイールとブレーキ周りの取り付けが主なメニューです。イメージ 1

先ずはフロントから。イメージ 2

フォークボトムのアクスルクランプは、
スタッドボルトからキャップボルトに変更します。
スタッドを抜いたら、タップを立ててネジ穴を掃除します。
イメージ 3

新しい止め方はキャップボルトを使います。
TOTのレギュレーションに合わせてするワイヤリングが、
スマートに収まるようにするための変更です。
イメージ 4

フェンダーの取り付けボルトは頭を削って低くし、
タイヤのワイド化に備えます。
イメージ 5

110タイヤがスムーズに入るようになりました。イメージ 6

タイヤウォーマーも想定して、取り付け確認します。
イメージ 7

ノーマルフェンダーでは、フェンダー内側とタイヤのクリアランスが狭いので、
ウォーマーが入りません。
イメージ 8

フェンダーにウォーマーの逃げを作りますが、
必要最小限にと考え側面に穴開けします。イメージ 9

中のブレース共々穴開けします。イメージ 10

バリを丁寧に取り、面取りします。イメージ 11

ウォーマーの生地が引っかからないよう、エッジを入念に研磨します。イメージ 13

逃げ加工が終了しました。イメージ 12

これでスムーズにウォーマーが脱着できるようになりました。イメージ 14

加工部分を拡大するとこんな感じです。イメージ 15

続いてフロントのキャリパーサポートを製作します。
手持ちの型紙から適合するものを選びます。
イメージ 16

ジュラルミンの板からサポートを切り出します。イメージ 17

サポートの完成です。イメージ 18

パッドは鋳鉄ローター対応のメタリカを使用します。イメージ 20

サポートを取り付けるとこんな感じです。
フェンダーに開けた穴も、アウターチューブに隠れてほとんど見えません。
イメージ 19

リヤも仮組して確認します。イメージ 21