Z1000Mk2 K.H様 スピードメーターギヤBOX取り付け

ワークス車同様に、スプロケットカバーをカットします。イメージ 1

先ずはジグソーでケガキ線に沿って大まかにカットします。イメージ 2

カットできました。イメージ 3

切断面をベルトサンダーで整えます。イメージ 4

面取りして滑らかに研磨したら完成です。イメージ 5

フロントローターがワークスタイプになったので、
スピードメーターギヤBOXを移設しなければなりません。
このキットでミッションのアウトプットシャフトに移設します。イメージ 6

アウトプットシャフトの中空部分には、こちらのドライブピンを仕込みます。イメージ 7

斜めの割りをボルトで締め上げて、シャフト内部から固定します。イメージ 8

ギヤBOXはホンダの純正品を使用します。イメージ 9

裏側はこんな感じ。イメージ 10

中心を合わせて取り付けます。イメージ 11

接続するとこんな感じ。イメージ 12

スプロケットカバーには、ケーブルを通す穴を開けておきます。イメージ 13

カバーを付けたらスピードメーターケーブルを接続します。イメージ 14

念のため、クラッチレリーズの遊びも調整しておきます。イメージ 15

スプロケカバー周りが完成しました。イメージ 16

カムプラグからは少しオイル滲みがあるとのことで修理します。イメージ 17

ヘッドカバーを開けたらカムホルダーの締め付けトルクを確認します。イメージ 18

このエンジン、過去の整備履歴が不明なので、
カムチェーンローラーなども上から覗いて点検します。問題無いようです。イメージ 19

バルブクリアランスも点検します。こちらも問題無し。イメージ 20

ヘッドカバーを閉じます。エンジンはメンテされているようですね。イメージ 21

ドレンボルトにワイヤリングの穴加工をするので、オイルを抜きます。イメージ 22
イメージ 23

フラットタイプのボルトを使用しているので、6角穴に斜めに穴を開けます。
イメージ 24

穴開け加工後がこちら。イメージ 25

ワイヤリングするとこんな感じです。イメージ 26

フィラーキャップのワイヤリングはこんな感じ。イメージ 27

フロントのアクスルとキャリパーのワイヤリングはこんな感じ。イメージ 29

リヤアクスルは、βピンイメージ 28用の穴を追加工してこんな感じに止めます。

以上、ワイヤリングなどはTOT参戦の準備としての処置です。
イメージ 30