デモ車MONSTER#60 タンク板金塗装完成

レース前のエンジンオイル交換です。イメージ 6


外したマフラーも、表面のセラコートクリアの状態を確認します。
全体的にツヤはそのままで変化無し。クリアの剥がれもほとんどありません。
イメージ 5

オイルを抜いたら、ドレンボルトにワイヤリングしておきます。イメージ 8

オイルキャッチタンクもドレンを外し、中に溜まった水分を排出しておきます。イメージ 7

そこへちょうど、塗装上がりの外装品が届きました。
約3台分ありますが、全て埼玉のドリーム商会さんに依頼していたものです。
イメージ 9


角タンクはレーサーのもので、
転倒して凹みがあったものを修理して、補修塗装していただきました。
修理前がこちら。
イメージ 1

丸タンクセットは、今製作中のデモ車Z1100-B2用に塗装したものです。
ちょっと乗せてみましょう。
イメージ 2

だいぶ雰囲気が変わりますね。こちらもいい感じ。
イメージ 3

修理した角タンクはレースに使うので早速取り付けます。
裏側もしっかり塗装していただいたのでテカテカです。
タンクのベースはZ1100-B1で、
コック位置を後ろにずらしてWコック化してあります。
コックはタンク一番後ろの低いところにあるので、
残り1Lくらいまでレーシング走行可能です。
イメージ 4

塗装は全塗装ではないそうですが、全く滑らかにつながっています。イメージ 10

仕上げにKERKERのステッカーを貼ります。イメージ 11

明日のTOT前々日に、筑波に向けて出発します。イメージ 12