Z1000A G.S様 転倒修理の見積り

転倒でエンジン左側を大きく破損したとのことで、点検・修理します。
先ずは現状把握から。
イメージ 1

ジェネレーターカバーは激しく割れ、
マグネットローターのボルトも脱落してありません。イメージ 2

先日装着したばかりのワークスバックステップは、ペグの根元から折れています。
ブラケットにも変形があります。ペダルは無事のようです。
イメージ 3

テールレンズは右に振れ、ナンバーも折れ曲がっています。
左ウインカーも折損。イメージ 4

分解して点検します。イメージ 5

ジェネレーターコイルは、素線に損傷があるので要交換。イメージ 6

ジェネレーターカバーのボルトは、2本がクランクケースに折れ込んでいます。イメージ 7

マグネットローターのボルトも、クランクエンドに折れ込んでいます。
プーラー用のM16ネジ山も損傷しているので、ローターが外せない状態です。
折れ込んだボルトが取り出せないと、クランク交換の可能性もあります。
イメージ 8

その他、クランクケース側に大きな損傷は無いようですが、
クランクを強く押されているので、
メインベアリングレースのノックピン穴にクラックが入った可能性もあります。
念のため、エンジンは分解点検した方がいいでしょう。
イメージ 9

シートレールも右に押されている可能性があるので点検します。イメージ 10

リヤフェンダーを外して、ステムネックの方から糸を張ってみます。
シートレールには大きな曲がりは無いようです。
イメージ 11

リヤホイールセンターは左にズレているようですが、
方向が逆なので今回の転倒との関係は不明です。イメージ 12