Z1000A G.S様 エンジン分解

転倒してクランクを左から強打しているので、エンジンを下ろして分解点検します。イメージ 1

先ずは、プーラー用のネジ山が潰れていたのでタップで修正します。イメージ 2

プーラーでマグネットローターを外します。イメージ 3

ローターはムリなく外れました。イメージ 4

折れ込んだローターボルトは、
高強度の上にネジロックを使って締め込まれています。
取り出すのはかなり困難と言えるでしょう。
イメージ 5

クランク右側もみてみると、特に変わった様子は見られません。イメージ 6

エンジンを下ろしやすいよう、先に腰上をバラしてしまいます。
カムホルダーの締め付けトルクは概ねOKでした。
イメージ 7

バルブクリアランスも概ねOK。
エンジンは異音も無く調子良かったことを裏付けます。
イメージ 8

ノーマルカムを外します。タペット類もきれいです。イメージ 9

ヘッドを外します。
ノーマルヘッドガスケットの固着具合から、おそらく初めての分解でしょう。
イメージ 10

燃焼室のカーボン堆積も、年式相応で一般的なレベルです。イメージ 11

ガイドローラーを外します。イメージ 12

前側ローラーの軸受とダンパーラバーが剥離しています。
分解のタイミングとしてはちょうどよかったかもしれません。
イメージ 13

シリンダーを剥がします。こちらも固着が非常に強く、
プライポイントに痕跡も無かったので初めての分解になるでしょう。
イメージ 14

シリンダーが外れました。ピストンも状態はいいようです。イメージ 15

ボアはノーマルのΦ70ミリです。イメージ 16

軽くなったところでイメージ 17、エンジンを下ろします。

ピストンとカバー類を外します。イメージ 18

裏返して、下から分解を続けます。イメージ 20

クランクまで外れました。イメージ 19

気になっていたクランクケースの要所は、残念ながらクラックが入っています。
場所は画像下から2番目の、クランクベアリングレースのノックピン穴です。
イメージ 21

クランクのスラスト力はこのベアリングだけで受け持つため、
転倒による衝撃はこの1本のピンに集中します。
イメージ 22

今回はエンジン左側から押されたので、
ピンが右側に押されてケースにクラックが入りました。イメージ 23

ここの修理は難易度が高く、コストも10万円以上かかると言われています。イメージ 24
イメージ 25

結局、クランクとクランクケースは、中古良品と交換することになりました。イメージ 26