Z1000J1 F.Y様 ラップタイマー取り付け

サーキット走行に向けて、ラップタイマーを取り付けます。イメージ 1

取り付け位置は、走行中の視線移動が少ない真ん中上部がいいでしょう。
イメージ 2

レース用のイグニッションスイッチなどがあるので、
これらを外してモニターをマウントします。イメージ 3

センサーは、地上20センチ以下が基準です。
フレームから吊り下げる形のステーを準備します。
イメージ 4

エキゾーストからは一定の距離を開けて、
アンダーカウル内に収まるよう設置します。イメージ 5

ラップタイマーの設定は、
3セクターある筑波サーキット用にセットしておきました。
イメージ 6

ガソリンコックは1100カタナ純正の小型負圧コックを使用しているので、
負圧の取出しニップルをキャブホルダーに取り付けます。
イメージ 7

φ4ミリの穴を開け、ニップルを差し込めばOKです。イメージ 8

少しクラックが入ってきたキャブホルダーを新品交換します。イメージ 9

ニップル付きホルダーを取り付けるとこんな感じです。イメージ 10

これでリザーブも使えるようになりました。イメージ 11

新型のETC2.0も取り付けて、これで納車整備完了です。イメージ 12