Z1000J1 S.K様 キャブのオーバーフロー

オイル漏れ修理が終わったその日の深夜、
ガレージからガソリン臭がするので見に行くと、
キャブからオーバーフローしていました。
朝になって分解点検してみると、
エアクリーナーBOX内にガソリンが溜まっています。
イメージ 1

上からガソリンを抜きます。
エアクリBOXにはドレンホールがありますが、
どうやら汚れで詰まっていたようです。イメージ 2

中央の3ミリほどの穴がドレンホールです。イメージ 3

針金で突っつくと開通しました。イメージ 4

こちらは同型のエアクリBOXです。
本来は水抜き用に空いているドレンホールですが、
キャブのオーバーフロー時はここからもガソリンを排出してくれます。
イメージ 5

ドレンホールが詰まっていたので、
あふれたガソリンはクランクケースにも流れ込んだようです。イメージ 6

エンジンオイルを抜いてみるとガソリン臭がします。
昨日オイル交換したばかりでしたが、再度交換します。
イメージ 7

タンク内にサビは少々あるので、
念のため目の細かいペーパーフィルターを追加しておきます。イメージ 8

ワークスステッカーセットもご注文いただいたので所定の位置に貼り付けます。イメージ 9

ワークスステッカー7枚セット、在庫もありますのでいかがですか。(^^)イメージ 10
イメージ 11

オイル漏れ修理後の確認のため、チェック走行に向かいます。
市街地を走り、油温を上げて1時間ほど。
イメージ 12

オイル漏れは止まりました。エンジンの調子もいいようです。イメージ 13
イメージ 14