デモ車 MONSTER#60 カウルステーの取り付けナット製作

Z1000RやZ1100GPのフロントカウル関係で、
生産終了のパーツのひとつにカウルステーのナットがあります。イメージ 1

カウルのアッパーステーにカウルをフローティングマウントする構造ですが、
スクリーンと共締めにするために使うこの六角形のパーツです。
イメージ 2

左側は純正のナットで対辺12ミリのスチール六角棒から作られています。
今回製作したのは右側で、
手持ちの対辺10ミリのアルミ六角棒から製作したものです。
イメージ 3

純正ナットに置き換えて使用します。イメージ 4

ダンパーラバーはまだ純正新品が入手可能です。イメージ 5

カウルステーを当て、裏からナットを差し込みます。イメージ 6


表側は1ミリほど突き出す感じ。イメージ 7

スクリーンのラバーモールと合わせて、カウルはフローティングマウントされます。イメージ 8

こちらのスクリーンは現行品のアクリポイント製です。
ラバーモールの方は生産終了なので入手困難ですね。
イメージ 9