Z1000Mk2 K.Hi様 キャブ分解点検

全体点検の続きです。イメージ 1

バッテリー交換してもクランキングが重いので更に点検します。
イメージ 2

エンジン内視のあと、カブリ気味だったプラグは9番から標準の8番に変更。
キャブセッティングのスタートは先ずは標準から。
イメージ 3

バッテリー新品交換後のクランキングとアイドリングの動画がこちら。
クランキングは重く、エンジン始動後は時々失火しているような症状です。

スターター不良 Z1000Mk2 1166cc

失火の原因は電源が途絶えることにあるようなので、
電源系統を点検します。イメージ 4

メインヒューズやヒューズBOX周辺は、
コネクター端子の腐食も無くきれいです。イメージ 5
イメージ 6

スターターは交換歴が無いようなので、
最終型GPZ1100用のハイパワーな新品に交換します。イメージ 7

スプロケットカバーを外します。
フロントスプロケはやや摩耗が進んでいます。
スプロケカバーのダウエルピンは欠品しています。
イメージ 8

シフトフィーリングにも影響するので、
スプロケカバーのダウエルピンはきちんと取り付けます。イメージ 9

キャブセッティングの準備としてキャブを分解点検します。イメージ 10

口径は不明でしたがφ33でした。イメージ 11

乗車でもアイドル調整し易いよう、リーモートコントロールを取り付けます。イメージ 12

ワイヤー受けはネジ切りのままだったので、
整備性を良くするためにネジ山を削除します。イメージ 13

イメージ 14

キャブを分解し、点検と現状のセッティングを確認します。
ジェットニードルは9番、やや太いようです。
イメージ 15

フロート側も分解します。
イメージ 16

フロート内には細かいサビの堆積があります。イメージ 17

タンク内を見ると、奥の方が広範囲に薄く錆びているようです。イメージ 18

念のため、フィルターは目の細かいペーパータイプに変更します。イメージ 19

スロージェットはやや大きめなので、標準的な65番に変更してからスタート。
メインその他は確認のみで変更無しです。
イメージ 20

傷んでいるネジは新品交換します。
イメージ 21

キャブの下準備はOKです。イメージ 22

現状のブリーザーホースは曲がりの頂点で折れ曲がりそうなので、
整備性も良くなるこちらの直角曲がりホースに交換します。
イメージ 23

取り付けるとこんな感じ。
イメージ 24

油温計ハーネスのスパイラルチューブは熱で溶けています。
一般的なスパイラルチューブは耐熱性が低いのでエンジン回りには使えません。
イメージ 25

耐熱性の高いシリコン皮膜のガラス編み組チューブに変更します。イメージ 26

スロットルの重さも気になるとのこと。ハイスロを分解点検します。イメージ 27

引き側のケーブルは素線が何本か切れています。
リール径はφ40なので、実用上限レベルです。イメージ 28

グリップも奥まで差し込まれていて、グリップ端のフリクションもかなりあります。
ワイヤーにかなり負荷がかかっていたのでしょうか。
イメージ 29

ケーブルは2本とも新品交換します。
新品時は潤滑のため、
インナーケーブルにエンジンオイルを少し挿して、浸透させておきます。
イメージ 30

グリップを少し引き抜くため、ワイヤーロックを外します。イメージ 31

グリップは装着前に内部をシンナーなどでよ念入りに脱脂しておきます。イメージ 32

エアを使って深すぎないように挿入します。イメージ 33

深さはグリップ端がハイスロのボディーに接触しないよう、
隙間を開けるのが目安。フリクション防止のワッシャーが遊ぶ程度。イメージ 34

よく潤滑したスロットルケーブルを取り付けます。イメージ 35

チェーンテンショナーはマニュアルタイプのようです。
定期的に調整すればよいですが、その調整も簡単ではありません。
街乗り車ならオートテンショナーが便利でしょう。
イメージ 36

キャブの脱着も頻繁にするので、ホルダーのバンドも交換します。
ウォームギヤタイプのホースクランプは、長さが余る部分はカットしておきます。
イメージ 37

切断面でケガをしないよう、角はアール仕上げしておきます。イメージ 38

スターターを交換します。イメージ 39

新しいハイパワースターターでの始動はこんな感じです。
1166ccのハイコンプピストンでも力強くクランキングできます。

スターターGPZ1100 Z1000Mk2 1166cc

摩耗したフロントスプロケの交換と合わせて、
チェーンとリヤショックの干渉防止に、520にサイズダウンするのも手です。
現状は薄型の530チェーンですが、スプリングシートに干渉痕が多数あります。
上に乗せてあるのが520チェーンです。
イメージ 40

520にサイズダウンするなら、リヤスプロケは耐久性の高いRKのスチール製がマル。イメージ 41

この場合、スプロケもかなり薄くなるので、チェーンのセンターが右寄りになり、
リヤショックとのクリアランスも有利になるでしょう。
イメージ 42

点検は続きます。イメージ 43