Z1B N.T様 サイドスタンドの傾き修正加工

今回は、始動性の悪いスターターの点検と、
サイドスタンドの傾き修正のご依頼です。
イメージ 1

以前の低い車高の時に合わせて加工されたと思われる、
現状のサイドスタンドです。
イメージ 2

前回のモーリスホイール装着に合わせて車両姿勢を少し高く見直したので、
サイドスタンドでの傾きが大きくなり、改善が懸案でした。
今回、その修正です。
イメージ 3

目標の角度になるよう車体を支えると、
現状のサイドスタンドは開き過ぎていることがわかります。イメージ 4

跳ね上げ時は奥に入っているので問題ありません。イメージ 5

エンジン始動のチェックもしておくと、先ずはバッテリー電圧の低下を発見。イメージ 6

バッテリーを外して充電しておきます。イメージ 7
イメージ 8

引き続きサイドスタンドの加工です。
イメージ 9

既存のスタンドは、どうやら曲がりと長さを変更してあるようです。イメージ 10


3分割して、直線的に並べて仮付けします。イメージ 11

既存のスタンドの加工では、長さがかなり足りないことが判明。
イメージ 23

そこでストックのノーマルサイドスタンドに素材を変更することに。
下がノーマルです。
イメージ 12

直線的に並び替えて仮付けし、車体にあてがってみます。
これで長さはちょうどいいようです。
イメージ 13

接続強度を稼ぐため、V字開削したところを溶接で埋めていきます。イメージ 14

少し盛り気味に仕上げます。イメージ 15

仕上げに研磨して完成です。タップも立てておきます。イメージ 16

車体に仮付けして、傾きと剛性感をチェックします。イメージ 17

傾きはこんな感じ。イメージ 18

跨った状態でサイドスタンドを出しやすいよう、
かかとで操作できる突起を取り付けます。
イメージ 19

車体に取り付けるとこんな感じです。イメージ 20

バンク角も問題無し。イメージ 21


塗装したら完成です。イメージ 22