Z1B N.T様 クラッチプレート交換

クラッチの部品が入荷しました。イメージ 1

エンジンオイルに浸してから組み付けます。イメージ 2

クラッチスプリングのボルトをトルクレンチで締め付けたら折れてしまいました。
試しにもう一本やってみましたがこちらも同様に折れてしまいます。
イメージ 3

クラッチハブにボルトが折れ込んだので、もう一度外してボルトを取り出します。イメージ 4

折れたボルトの中心に下穴を開け、エキストラクターで取り出します。イメージ 5

無事に2本とも取れました。イメージ 6

他の3本のボルトをよく見ると、
首下部分が伸びて細くなっているのがわかります。イメージ 7

ノギスで挟んでみるとこんな感じ。
過去にオーバートルクで取り付けられていたようです。
今回発見できて幸いでした。
イメージ 8

ボルトを交換し、規定トルクで締め付けます。イメージ 9

クラッチカバーを付けて完成です。イメージ 10

クラッチのフィーリングを確認するために試運転に行きます。イメージ 11

以前のグググというジャダーのような振動は無くなりました。イメージ 12

これで今回のメニューは終了です。イメージ 13