Z1000Mk2 K.Hi様 IGコイルの不具合

オイルシールが入荷したので、ミッションカバーを組み付けます。イメージ 1

新品の部品はいいものです。イメージ 2

チェーンラインのオフセット用にスペーサーを入れます。イメージ 3

520のスプロケを付けます。イメージ 4

スプロケナットを1000Jの規定トルクで締め付けます。イメージ 5

520チェーンへの換装が終了しました。イメージ 6

クラッチレリーズを分解点検し、グリスアップしておきます。イメージ 7

スプロケカバーのボルトは純正より短いものが付いていたので、
正規の長さの物に交換します。
ネジ山の掛かりが浅いと、何かとトラブルの元になりかねません。
イメージ 8

クラッチレリーズの遊びも調整します。イメージ 9

続いて、タイヤの干渉痕があったリヤのパネルは、純正品に交換しておきます。イメージ 10

アルミパネルを外します。イメージ 11

純正のインナーフェンダーに交換し、リヤショックのロア側を外して、
リヤホイールを持ち上げます。
イメージ 12

フルボトムの長さを想定してスイングアームの高さを再現します。イメージ 13

インナーフェンダーとスイングアームの干渉が無いか確認します。
このままで大丈夫のようです。
イメージ 14

これで車体周りは終了です。イメージ 15

電池切れのヨシムラメーターは電池交換しておきます。イメージ 16


エンジンの失火は依然として発生するので、再び点火にまつわる部分を点検します。
キルスイッチを分解し、接点を確認します。
イメージ 17

スイッチの電極は特に腐食も無く問題無いようです。イメージ 18

とりあえず症状を確認するため試運転してみます。イメージ 19

タンクにビデオカメラをセットして、失火の状況を記録します。イメージ 20
イメージ 21

走り出して直ぐに症状は現れました。
緩加速でも頻繁に失火してぎくしゃくします。
ステッピングモーターの針がストンと落ちるので、
瞬間的に点火系の電源が喪失しているようです。
途中、エンストして止まってしまいますが、電源は落ちていませんでした。
そのまま再始動はできず、キルスイッチのON・OFFで再始動できました。
イメージ 22

そのオンボード動画がこちら。

20170719エンジン失火

何とかガレージに戻り、手持ちのチェック用ウオタニコイルと交換してみます。
イメージ 23

エンジン失火は無くなりました。コイル周りが原因だったようです。
コイルとコード類を新品交換することにしました。
イメージ 24