Z1000Mk2 K.Hi様 カム周りの点検修理

先日のチェック走行で、カム周りに異音を感じたので点検します。イメージ 1

トルクチェックをしながらボルトを緩めますが、
二次空気導入装置のブラインドカバーボルトは、
外側4本ともトルクが掛かりません。イメージ 2

短いボルトが使われており、ネジ山の掛かりが浅いので、
雌ネジが上がってきてしまったようです。
イメージ 3

左側の1本は、先端の数山がありません。イメージ 4


ヘッドカバーを外します。イメージ 5

事前の情報の通り、カムはハイカムで、
リフターはインナーシムタイプになっています。イメージ 6

カムはヨシムラST-1です。イメージ 7

カムホルダーの締め付けトルクをチェックします。
エキゾースト側の2ヶ所は、トルクが掛かりません。
イメージ 8

マークしたところがトルクが掛からない箇所です。イメージ 9

右側も1ヶ所トルクが掛かりません。イメージ 10

カムホルダーボルトを外してみると、
トルクが掛からない所はネジ山が上がってきてしまっています。イメージ 11

トルクが掛からない所は、全てヘリサート未処理でした。
イメージ 12

バルブクリアランスはかなり広いところも多数あり、調整して再測定します。イメージ 13

カムチェーンローラーなどは、
ダンパーの無いレーシングタイプに交換済みのようです。イメージ 14

ネジ山の傷んだ箇所をヘリサートで修理します。
先ずはヘリサートタップを立てます。イメージ 15

ヘリサートを挿入します。イメージ 16

残りの3ヶ所にはヘリサートが入っており、
これでエキゾースト側は全ヶ所ヘリサート入りとなりました。
トルクが掛かるかチェックします。
イメージ 17

ヘッドカバー用のネジ穴もヘリサート加工します。先ずはタップ立て。イメージ 18

続いてヘリサート挿入。イメージ 19


反対側もヘリサート加工します。イメージ 20
イメージ 21