GPZ750 T.H様 サイドスタンド交換

サイドスタンド交換のご依頼です。イメージ 1

既存のスタンドは過去に溶接で修理されており強度的に不安とのことで、
ブラケットごと切り取り、新規に別の物を取り付けます。イメージ 2

ブラケットをフレームから削除するので、作業し易いよう車体を右に傾けます。イメージ 3

使用するブラケットはPMC製のZ系用ブラケットです。
GPZ750のノーマルスタンドも適合します。
イメージ 4

既存のブラケットを何段階かに分けて削除します。
イメージ 5

過去の溶接修理の痕が良く見えるようになりました。
ブラケットの下側が開いて、それを修理したのでしょうか。イメージ 6

取り付けるブラケットは、フレームの形状に合わせて上側を少しカットします。イメージ 7

フレーム側は一部が二重構造になっており、
エンジン車載のままでは既存ブラケットの一部も削除困難なので、
溶接のしっかりしているところは残しています。
イメージ 8

ノーマルスタンドで長さを確認します。少し長いようです。イメージ 9

ノーマルスタンドはマークしたところを切断し、長さと角度を修正することに。イメージ 10

2センチほど短縮し、真っすぐに並べて付け直します。
イメージ 11

現車で長さを確認したら、溶接で繋ぎます。イメージ 12

ブラケットの方は、裏側に少々補強を追加します。イメージ 13



補強後はこんな感じ。イメージ 14

修正したスタンドで取り付け位置を確認します。イメージ 15

スタンドの角度が少し浅めなので、ストッパーを少しカットします。イメージ 16

カット後はこちら。イメージ 17

これで取り付け角度が決まりました。イメージ 18


ブラケットをフレームに溶接します。イメージ 19

裏側はこんな感じ。イメージ 20

スプリング受けと払い出し用の突起を追加します。イメージ 21

塗装して完成です。イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24