Z1000J H.H様 エンジン組み立て

ヘッドのネジ山を修理します。イメージ 1

先ずは、カムホルダーの雌ネジから。
エキゾースト側は1ヶ所ヘリサートが入っていました。
残り7か所にもヘリサートを追加します。
イメージ 2

イメージ 3

ヘリサートを挿入したら、締め付け確認します。イメージ 4
イメージ 5




続いて、2番プラグの雌ネジの修理です。イメージ 6


下穴を開けます。イメージ 7

角度をチェックしながらタップを立てます。イメージ 8


ヘリサートは、ちょうどいい長さに調整してから使います。イメージ 9

ヘリサートを挿入します。イメージ 10

挿入するとこんな感じです。イメージ 11
イメージ 12

トルクレンチでトルクチェックしておきます。
これでヘッドは完成。
イメージ 13

エンジン腰上を組み立てます。先ずは、シリンダーの挿入から。イメージ 14

デッキ面にガスケットやOリングをセットします。イメージ 15

洗浄したヘッドを組み付けます。イメージ 16

イメージ 17

カムを取り付け、バルブクリアランスを調整します。イメージ 18

スターターカバーのパッキンは、劣化が酷いので新品交換します。
パッキンは蓋側に接着しておくと取り付け易くなります。
イメージ 26

エンジンが組み上がりました。イメージ 19

多少はクランクケース内にゴミが落ちているので、オイル交換します。
イメージ 20

エンジン修理完了です。イメージ 21

タンデムステップが、軸穴の摩耗により垂れているので、
お持ち込みいただいた新品ブラケットに交換します。イメージ 22


ステップを外してブラケットを組み替えます。イメージ 23

垂れも少なくなりました。イメージ 24

イメージ 25