Z1000J U.T様 チェンジペダルの修正

ステアリングネックにハンドルロックがあるタイプですが、
キーが無いのでハンドルロックは使えませんでした。
イメージ 1

そこで今回はイグニッションスイッチごと交換し、
ハンドルロックのプランジャーが飛び出すタイプに変更して、
ハンドルロックを使えるように改造します。
使用するイグニッションスイッチはエリミネーター250のもので、
今でも購入できます。部品番号は27005-5078です。
イメージ 2

配線以外の本体の取り付けはボルトオンです。イメージ 3


既存のイグニッションスイッチを外します。イメージ 5

右が車体から外したもの。ハンドルロックのプランジャーが無いタイプです。イメージ 4

エリミネーター250のイグニッションスイッチを取り付けます。イメージ 6

キーのポジションは90°ほど向きが変わります。
こちらがIG OFFの状態です。
イメージ 7

こちらがIG ONの状態です。
イメージ 8

配線は、若干違うので改造します。
現車はJ1用に改造された1000R2メインハーネスです。
イメージ 9

カプラーをスイッチ側に合わせるので一旦切り取ります。イメージ 10

配線の色が一部異なるので、配線図を参考にして繋ぎます。
1000R2側と回路も配線の本数も同じなので、
この部品番号の物が相性がいいです。
イメージ 11

続いて、ハンドルロック用のストッパーを取り付けます。
厚い鉄板から切り出したものをフレームに溶接します。
イメージ 12

今回はステムを分解しないで行うので、
溶接は少しずつ行い、周囲にあまり熱が回らないよう注意します。イメージ 13

溶接するとこんな感じです。イメージ 14

塗装して完成。イメージ 15

フロント周りが終了しました。
イメージ 16

続いて、ノーマルチェンジペダルの修正です。イメージ 17

ペダルの軸受のガタが大きく、ボールジョイントにもガタが出てるので、
シフトフィールが悪くなっています。
イメージ 18

そのガタはこのくらいあります。

IMG 0755

サイドスタンドはコンパクトな脱着式に変更済みなので、
1000R並みに車体側に寄せる作業も同時に行います。
イメージ 19

純正のボールジョイントはドリルで揉んで切り離し、
新たにロッドエンドを使用します。
イメージ 20

そのままだとリンクが長すぎるので、ロッドエンドは少し切り詰めて使用します。イメージ 21

ボールジョイントを切り離すとこんな感じです。イメージ 22

ペダルの軸受部もだいぶ摩耗してガタが大きくなっているので、
一旦切り離して新たに作った軸受と交換します。
イメージ 23

軸受をペダルに溶接したら、ペダルのオフセットを小さく加工します。イメージ 24


一旦切り離して長さを調節後、溶接します。イメージ 25

オフセットはこの位。イメージ 26

溶接部分を研磨してペダルの完成です。イメージ 27

ジェネレーターカバーの配線の辺りからオイル漏れするので、これも修理します。イメージ 28


クラッチレリーズレバーのワイヤー受け軸穴の摩耗が進んできたようです。
イメージ 29

動画はこちら。

IMG 0773

レリーズは新品交換しておきます。
イメージ 30


ジェネレーターカバーを外します。イメージ 31

グロメットのボンドを剥がします。イメージ 32

グロメットは十分弾力性があるので継続使用で。
キレイに脱脂して液体ガスケットを塗布して組み付けます。
イメージ 33
イメージ 34

スプロケットカバーを取り付けたら、レリーズレバーの遊びを調整します。イメージ 35

ペダルの塗装ができました。ラバーも新品交換済みです。
イメージ 36

改良したチェンジペダルを取り付けるとこんな感じです。イメージ 37

動画はこちら。ガタがだいぶ少なくなりました。

IMG 0792

ペダルの張り出しも1000R並みです。
イメージ 39
イメージ 38

今回のメニューはこれで終了です。イメージ 40