Z1000Mk2 F.Y様 職権打刻

いよいよ本日は職権打刻をする日となりました。イメージ 1

オーナーさん住所管轄の相模陸事で行います。
事前の打ち合わせ通り、
現車を持ち込んでトランポの中で職権打刻してもらいました。
トランポの中にいるのは担当官と検査員の方々です。
イメージ 2
打刻前はこんな感じ。イメージ 3

打刻後はこんな感じ。
「打刻」と言っても、
今回はフレーム番号が印刷された樹脂のプレートを貼るタイプです。
ナンバーのベースがノリ付きの黒い樹脂ラベル。
その上下の白い部分は、剥がすと切れてしまう封印のようなテープです。
番号の始まりは「国」の文字。その後は日本国内全体での連番となります。
イメージ 4

ナンバープレートも以前の番号とは変わり、新しい番号で発行されます。イメージ 5
ここまで来ればもう安心です。
後はじっくりと修復計画を立てましょう。