Z1000J1 H.T様 タイヤ交換

ステムベアリングが入荷したので取り付けます。イメージ 1

先ずは、アウターレースを圧入します。イメージ 2

ステムにロアベアリングを圧入し、
ダストシール代わりにタンクキャップのパッキンを装着します。イメージ 3
イメージ 4

ステムを取り付けます。イメージ 5

オーバーホールしたフォークを取り付けます。イメージ 6

続いてタイヤ交換です。
予定していたコンチのラジアルは長期欠品のため、
今回はBSのBT-45Vです。
イメージ 7

フロントタイヤを外します。中にはチューブが入っていました。イメージ 8

リムの内側はかなり腐食してタイヤカスも多く付いています。
汚れでエア漏れするのをチューブで補っていたのでしょうか。
イメージ 9


リムの汚れは落として軽く研磨します。イメージ 10

バルブはゲイルスピードのアルミ製を使います。イメージ 11

タイヤを組んで、バランス取りします。イメージ 19

フロントホイールを取り付けます。
イメージ 20

続いてリヤタイヤの交換です。イメージ 21

ホイールベアリングにガタがあったので場所を特定します。右側のようです。イメージ 22

タイヤを外します。フロント同様、リヤにもチューブが入っていました。イメージ 23


こちらもリム内部はかなり汚れています。
イメージ 12

エア漏れしないよう、キズも修正して研磨します。
イメージ 13

ガタのある右側のベアリングです。水が溜まってサビが進行した感じです。イメージ 24

ベアリングを外します。イメージ 14

新しいシール付きベアリングを圧入します。イメージ 15

ベアリング交換終了。
イメージ 16

タイヤを嵌めてイメージ 17バランスを見ます。リヤはウエイト無しでOKでした。


イメージ 18