Z1A S.H様 スタータークラッチ交換

スターターは回るけど、エンジン始動ができない状態が頻発するとのこと。
スタータークラッチ周りの不具合が予想されるので点検します。
イメージ 1

前回、1年半ほど前に同じような症状で、
スターターギヤとローラーは新品交換済みです。
マグネットローターの締め付けトルクは正常で、緩んだ痕跡はありません。
イメージ 2

マグネットローターを外します。イメージ 3

クランクのテーパー部分も空転した痕はありません。イメージ 4

スタータークラッチの取り付けボルトも緩みはありません。イメージ 5

スタータークラッチを分解します。イメージ 6


1年半使用したギヤがこちら。
縞模様は付いていますが、触ってわかるほどの段付きはありません。イメージ 7

イメージ 8

同じく1年半使ったローラーにも縞模様はできていますが、
目立った凹凸はありません。
イメージ 9

前回、交換せずに継続使用していたクラッチハウジングをみてみます。イメージ 10

ローラーのロック部分には爪が引っかかるほどの凹凸が付き始めています。
イメージ 11

イメージ 12


イメージ 13

前回はコストも考えて交換を見送っていましたが、
予想以上に消耗が進んだようです。
スタータークラッチのハウジングとローラーのセットで新品交換します。
イメージ 14

純正の新品が右側です。イメージ 15

新品はもちろん滑らかです。イメージ 16

復元して組み付けます。イメージ 17

消耗した部品の寿命予測は、なかなか難しいものです。イメージ 18