Z1000R1 W.K様 オイルクーラーブラケット変更

S1タイプのオイルクーラーブラケットを取り付けます。
イメージ 1

付属のバンドは幅が広いので、カワサキ純正の幅の狭いバンドに交換します。イメージ 2

コア側のフィッティングは45°タイプに変更し、
既存のホースをそれに合わせてカットします。
左側の長さが足りないので、ホースの左右を入れ替えると良さそうです。
イメージ 3

ホースを一旦外します。
ネジにはシールテープが巻いてあるので、こちらは綺麗に剥がします。イメージ 4
イメージ 5

左右のホースを入れ替えて、カットする位置をマーキングします。イメージ 6

それぞれ5センチほどカットすることに。
カット前にはウエスを中に仕込んでおきます。
イメージ 7

ホースをカットします。イメージ 8

一緒にカットされた内部のウエスを取り出します。イメージ 9

新しいフィッティングを取り付けます。イメージ 10

コアにホースを接続します。イメージ 11

ホースレイアウトはこんな感じ。
フレームより下側に出ないようにし、メンテナンススタンドを掛けやすくしました。
イメージ 12

マフラーを取り付けます。イメージ 13

続いて、リヤブレーキ周りのフルード漏れの修理です。イメージ 14

リザーバーホースの下側に垂れてくるとのことですが、
どうやらホースが汗をかいているのが原因のようです。
イメージ 15

フルードを抜いてホースを交換します。イメージ 16

使われていたのは1層のゴムホースでした。
1層のホースはフルードはしみだしてくることが多いので、
2層になったゴムホースに交換します。
イメージ 17

2層のゴムホースを取り付けるとこんな感じ。外観は特に変わりません。イメージ 18

欠品していたリテーナーリングを追加しておきます。イメージ 19

リヤブレーキ完成です。
イメージ 20

続いて、スプロケットカバーの下側からオイル漏れするとのこと。
分解点検します。
イメージ 21

現状は、ミッションカバーにオイルのしずくが付いています。イメージ 22

スプロケカバーのボルトは、長い方が純正より短いボルトになっています。
クランクケース側の雌ネジの掛かりが浅いと雌ネジを痛めるので、
純正と同じ長さのボルトに変更します。純正は125ミリと70ミリです。
イメージ 23


スプロケカバーを外すと、スピードセンサーが見えてきました。イメージ 24

スプロケットの裏側からオイルが垂れてくるようです。イメージ 25

スプロケットを外して点検します。イメージ 26

アウトプットシャフトのオイルシールがオイルで湿っています。
他のオイルシールは大丈夫です。
イメージ 27


オイルシールだけ抜き取ります。イメージ 28
イメージ 29

新しいオイルシールを挿入します。イメージ 30

外す時にスプロケのガタが気になっていましたが、
スプラインをよく見ると段付き摩耗しています。
イメージ 33

こうなってしまったら、次回のエンジンオーバーホールの際には、
後期型のシャフトへの交換をお勧めします。イメージ 34

既存の1.5ミリのスペーサーをセットします。
イメージ 32

既存のスプロケをセットすると、シャフトの端面とほぼ面一です。
これではスプロケットがしっかり固定されません。
イメージ 31

既存のワッシャーにもシャフトのスプラインの痕が残っています。
スプラインの段付き摩耗は、スプロケの固定不良が原因のようです。
イメージ 35

スプロケ奥のスペーサーを少し厚いものに交換します。イメージ 36

これでシャフトよりスプロケットが出っ張る形になりました。
これが正規の状態です。
イメージ 37

既存のワッシャーは薄いので、厚い剛性のあるワッシャーに交換して組み付けます。イメージ 38

ボルトには強力なネジロックを塗布します。イメージ 39

ボルトを規定トルクで締め付けます。
イメージ 40

目視で点検し易いよう、マーキングしておきます。イメージ 41

センサープレートは、高さを調整し直して復元します。イメージ 42

スプロケカバーを取り付けたら、レリーズの遊びを再調整しておきます。イメージ 43

エンジンオイルはこちらを注入。イメージ 44

今回のメニューが終わったので、試運転に行ってきます。イメージ 45

10分ほど走ったところでリヤブレーキが引きずるように止まってしまいました。イメージ 46

もう自力では動かない状態です。イメージ 47

前回と同様に、リヤブレーキが過熱してロックしています。イメージ 48

パッドも外せないほど内圧が上がっているので、
ブリーザーから内圧を開放します。イメージ 49



これでなんとかガレージに戻れました。
リヤブレーキの引きずりは解消していないようなので、
マスターを分解点検する必要がありそうです。