デモ車MONSTER#60 薄型ジェネレーターの更新

既存の薄型ジェネレーターを別のメーカー製の新しい物に交換します。イメージ 1

現在の薄型ジェネレーターキットは中古で入手したものです。
カバーに入ったクラックを溶接修理して使っていましたが、
再びクラックが入ってきたので一旦取り外します。
イメージ 2

カバーを外して既存のジェネレーターローターをプーラーで抜き取ります。イメージ 3

今回用意したのはこちらの薄型ジェネレーターキットです。
ポリス用クラッチを用いたおなじみのキットです。
イメージ 4

ローターを一旦仮組し、
ワッシャ-を入れずにボルトを手で止まるところまでねじ込み、
クランク側のネジ深さを確認します。
ワッシャーより隙間が狭くなるなら大丈夫です。
イメージ 5

円形のワッシャーは、2面カットしてレンチを掛けやすくしておきます。イメージ 6


規定トルクの16kg・mで締め付けます。イメージ 7

スターターギヤのスラスト方向に遊びがあるので、
シックネスゲージで計測します。
イメージ 17
イメージ 8

ダンパーを厚い物に交換するため、
M33ミリの汎用プーラーでイメージ 15ローターを一旦取り外します。

クランクエンドを傷めないよう、カワサキ純正のストッパーを挿入します。
イメージ 16

プーラー側のプランジャーは、センターの突起を削って平らにしておきます。

イメージ 9


プーラーをセットしてローターを抜き取ります。イメージ 18

ダンパーは2番目の厚さの物に交換すればOKでした。イメージ 10

ダンパーを厚い物に交換し、再度ローターを組み付けます。イメージ 11

ローターを組み付けたら粘土を盛って、
ローター内側にあるボルトとステーターコイルとのクリアランスを確認します。
イメージ 12

同じく、カバー内側とローター外周とのクリアランスも確認しておきます。イメージ 13

セットのカットカバーを取り付けて完成です。イメージ 14