Z1000R T様 S1シートとオイル取出し製作

S1シート製作と、オイル取出しの加工のご依頼です。
こちらはベースにしたR1純正シートです。
イメージ 1

シートベースもR1は専用品なので要注意。
見分けるポイントはシートベース前端の形状で、
コーナーRが大きいのがR1用です。
イメージ 2

アンコの成型とS1表皮への張替えが終了したシートがこちら。イメージ 3

張替えが完了したので、S1同様のフジツボを取り付けます。
フジツボはカワサキ純正部品を加工して使います。
イメージ 4

加工後はこちら。イメージ 5


シートは型紙を使って定位置に穴を開けます。イメージ 6

基準となるのは、元から開いているこの穴の中心です。イメージ 7

ドリルで8ミリの穴を開けます。イメージ 8

基準の穴を元に、他の穴の位置を決めます。イメージ 9

今回のフジツボはダミー用なので、
後ろのボルトはテールカウルに干渉しないよう短くして中心にネジ切りします。
イメージ 10

裏側から小さいビスで固定できるようにしています。イメージ 11

6ヵ所のダミーフジツボを取り付けます。イメージ 12

裏側はこんな感じ。
イメージ 13

後ろの2点はこんな感じ。イメージ 14

これで完成です。イメージ 15
イメージ 16

続いてオイル取り出しの加工です。
素材はこちらの純正新品です。
イメージ 17


ダミーのケースに取り付けて、カットラインを検討します。イメージ 18

ラインに合わせてカットします。
イメージ 19


溶接するので塗装をリムーバーで剥がします。イメージ 20

再びケースに取り付けて、先ずはスペーサーを仮付けします。イメージ 21

戻り側のフィッティングを溶接します。
ホースの通り道は狭いので、角度はミリ単位で調整して位置決めします。
イメージ 22

次に、吐出側のフィッティングを溶接します。
イメージ 23

取り外して全周溶接します。イメージ 24

エア加圧し、水中で漏れを確認します。イメージ 25

ピンホールからの漏れがあるので、再度溶接します。イメージ 26

ようやく漏れが無くなりました。
イメージ 27

取り付けるとこんな感じです。
キャブの整備性を良くするため、なるべく低くしたレイアウトです。
イメージ 28

横から見るとほぼ水平です。CRキャブならメインジェット交換も楽に行えます。イメージ 29
イメージ 30