Z1000Mk2 M.H様 フロントキャリパーのオーバーホール

キャリパーと干渉するローターボルトを外して短縮加工します。イメージ 1

8.5ミリカットして、スペーサーも外して組み付けます。イメージ 2

リヤホイールを取り付けます。イメージ 3

キャリパーとの干渉はクリアできました。イメージ 4

リヤブレーキを操作してみると何か引っかかるような違和感があります。イメージ 5

どうやらペダルを踏みこむと、
プッシュロッド下のボルトの頭とスイングアームが干渉するようです。
リヤショックを長くして、スイングアームの垂れ角が大きくなったためのようです。
イメージ 6

スペーサーを少し短縮して、プッシュロッドを外側に逃がすことにしました。イメージ 7

プッシュロッド下端を2.5ミリ外側に移動して、これで干渉は無くなりました。
イメージ 8


マフラーのマウントインシュレーター付近もだいぶ変形しています。
マフラーを上に曲げてしまったのでしょうか。
イメージ 9

リヤホイールを4.5インチ幅のDYMAGに変更した関係で、
リヤスプロケのオフセットは以前より5ミリ増えて、
純正比10ミリオフセットとなりました。
フロントスプロケットのオフセットも確認しておきます。
イメージ 10

どうやら初めから10ミリオフセット品が付いているようで、
結果的にこのままで大丈夫となりました。
イメージ 11

スプロケカバーのボルトは純正より短いものがあったので、
正規の長さのボルトに変更しておきます。
短いとクランクケース側のネジ山を痛めることになるので要注意。
イメージ 12

続いて、フロントキャリパーをオーバーホールします。
先日の筑波走行でべーパーロックしたとのこと。
片側は引きずりも起きていたそうです。
イメージ 13

長期間ノーメンテで使用しているとのこと、
アルミ製のアダプターもだいぶキズが入っているので交換します。
こちら側は、外すとネジ山がかじってしまいました。
イメージ 14

キャリパーを分解して点検します。イメージ 15

ピストンの汚れが多い以外は、特に損傷は無い模様。
イメージ 18

キャリパーやその部品は水で洗浄します。イメージ 16

ピストンは洗浄したら汚れは綺麗に落ち、継続使用可能でした。
ピストンシールとアダプターのみ新品交換します。
イメージ 19

水で洗浄したキャリパーは、充分エアブローした上で、
温度を上げて内部まで完全に乾燥させます。
イメージ 17

カジッてしまったネジ山はタップで修正します。イメージ 20
イメージ 21

カジリは一部分だけだったので、問題無く修正できました。イメージ 22

シールとピストン、パッドを組み込んで、オーバーホールが終了しました。イメージ 23

キャリパーを車体に取り付け、正規の向きでホースを接続します。イメージ 24

キャリパーを一旦外し、
ダミーパッドを挟んでブリーザーを上にしてエア抜きします。イメージ 25

マスターのストロークが短く、エア抜きが進まないので、
レバー比調整ネジを突き出して、ストロークを増やしておきます。
イメージ 26

キャリパーのセンターが少しずれていたので、
スペーサーの厚さは2ミリ厚に変更しました。イメージ 27


エア抜きが終了し、リザーバーキャップを戻します。イメージ 28

これで今回の作業は終了です。イメージ 29