Z1000Mk2 K.Y様 モーリスホイールの加工

ワークスタイプローターにするため、フロントホイールを加工します。イメージ 1

右側のオイルシールが入るこのフランジ部分をカットします。イメージ 2

ベアリングの手前まで粗削りし、ペーパーに当て木をして平面に慣らします。イメージ 3

ホイール側のベアリングは使用しないので外します。イメージ 4

タイヤはα14Zに交換します。イメージ 5

タイヤを外すと、リムの内側もかなり綺麗な状態です。
イメージ 6


バルブはアルミ製の短いものに交換しておきます。イメージ 23

タイヤカスだけ拭き取って、新しいタイヤを組み付けます。イメージ 7

バランス取りのため、ベアリング入りのインナーローターを仮付けします。イメージ 8

続いてリヤタイヤを組み替えます。イメージ 9

こちらもリムの内側は綺麗な状態です。
イメージ 10

ベアリングは全て新品交換します。イメージ 11

ダンパー側のベアリングを面一まで圧入し、
ダンパーハウジングをホイールに組み付けます。イメージ 12


反対側にして、ディスタンスカラーの長さを確認します。
ホイールよりかなり長いので、削って長さを調整します。
イメージ 13

1ミリほど削って、カラーがわずかに高い状態にします。イメージ 14

カラーに当たるまでベアリングを圧入し、スナップリングを付けます。イメージ 15

バランス取りします。
ややアンバランスなため、ウエイトは70グラムとなりました。イメージ 16

スプロケキャリアとホイールとの隙間を0.5ミリに設定するため、
ホイールより飛び出す純正のダンパーは、少し削って幅を狭くします。
イメージ 17

ホイール側は、ダンパーもベアリングも面一に設定。イメージ 18

中間のカラーは0.5ミリ飛び出す設定にします。イメージ 19
イメージ 20

クリアランスを最小にすることで、スプロケキャリアの倒れを減らします。
こうする方が、ベアリングやダンパーの耐久性が上がります。
イメージ 21

モーリスホイールの準備がほぼできました。イメージ 22