Z1000Mk2 W.H様 エンジン異音の調査

先日の筑波サーキットスポーツ走行の際、
エンジンからの異音が気になるようになりました。
TOTも近いので、この機会に分解点検します。
イメージ 1

ヘッドカバーを外します。直ぐに異音の原因がわかりました。イメージ 2

ヘッドカバー裏の十字の浮き出しにカムが干渉したようです。
インテーク側の4ヶ所とも、少し削れています。
今までずっと接触せずに走っていたので、特に削り込みしていませんでした。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

イメージ 7

カム山の方は特にダメージは無いようです。イメージ 8
イメージ 9

バルブクリアランスも点検します。特に問題ありません。イメージ 10

カムホルダーの締め付けトルクも確認します。こちらも特に問題無し。イメージ 11

トップアイドラーは指でつまんで揺すると左右に動くので、
ダンパー部分が剥離しているようなので、取り外して点検します。
イメージ 12

やはり剥離しているようです。ピンをドリルで揉んで外します。イメージ 13

今年の3月に新品交換したばかりのカワサキ純正部品でしたが、
ハードな走行のため、短期間での破損となりました。
イメージ 14

イメージ 15

その前はPMC製の強化タイプを使っていましたが、
こちらも比較的短期間でブラケットが破断したので、
Mk2の純正品にしていたものです。
イメージ 16

こちらは参考に用意した、Z1000A用カワサキ純正部品です。
ブラケット下側の曲げRがほとんど直角なのがわかります。
イメージ 17

こちら2つはPMC製のMk2用強化アイドラーです。
左側が新品で、右側が前回破損して交換したものです。
直角に曲げてある部分から破断しています。
イメージ 18

こちらはMk2用カワサキ純正品です。プレートの曲げRが大きめなのがわかります。
ダンパーの剥離はエンジンの致命傷に直結するわけでもないので、
どちらかというと、Mk2純正の方が安全かもしれません。
イメージ 19

ヘッドカバーの裏側は、セオリー通り削って逃げを作ります。イメージ 20
イメージ 21
明日入荷する予定のMk2アイドラーを組めば完成の予定です。