角Z1000 オルタネーターの発電不足

車検を取りに陸事まで行きましたが、
最寄りのヘッドライトテスター屋さんに着いたらバッテリーが上がっていました。
スターターも回らず光量も出ないので、1時間ほど充電してから光軸を調整し、
車検の方は無事合格です。
イメージ 1

単なるバッテリーのトラブルでしょうか。イメージ 8

ガレージに戻り発電関係を点検します。
戻った時点ではスターターも回ります。
行きはヘッドライトを点けて走行、帰りは消して走行していました。
イメージ 2

エンジン回転を上げるとかろうじて電圧が少し上がる程度です。イメージ 3

カプラーを一通り外して、端子の腐食が無いか確認します。イメージ 4

僅かに腐食がある程度で、充電不良になるほどではないような。
念のため、接点復活剤を塗布しておきます。
イメージ 5

エンジンを始動し、オルタネーター3相の交流出力電圧を計測してみます。
3000rpmで37V 27V 37V と、1相だけ出力が低い状態でした。
イメージ 6

ステーターコイルの抵抗値は、
3相それぞれ特に異常はないので断線はしていないようですが、
部分的にショートしているようなので、ステーターコイルを新品交換することに。
イメージ 7