GPZ1100R M.M様 エンジン車載

オイルポンプも分解洗浄します。
内部にはメタルの摩耗紛は回っていませんでした。イメージ 1

オイルパン内の部品をセットしていきます。イメージ 2

オイルパンを取り付けます。こちらはニンジャの物です。イメージ 3

腰下がほぼ組み上がったところで車載します。イメージ 4

ピストンはヴォスナーのφ78ミリを使います。イメージ 5

腰下にピストンをセットします。イメージ 6

シリンダーを挿入します。イメージ 7

シリンダーを組んだら、軽くクランキングさせてスムーズに回ることを確認します。イメージ 8

ヘッドガスケットをセットし、ヘッドを組み付けます。イメージ 9

ミッションカバーは、今回からニンジャ用に変更します。
中古品を入手し、セラコートしました。
シールなどは全て新品交換します。
イメージ 10
イメージ 11

ミッションカバーをエンジンに取り付けて、
スターターとオルタネーターを取り付けます。イメージ 12

社外のオルタネーターカバーが、フィラーネックと干渉するようです。イメージ 13

ネックも少々削り、キャップの逃げとしてオルタネーターカバーも削ります。イメージ 14

フィラーキャップも、外径を削って少し小さくしました。イメージ 15

取り付けるとこんな感じです。イメージ 16

カムはZZR1100純正品を継続使用します。イメージ 17

カジリが数ヶ所にありますが、これらは製作時からのものです。
特に摩耗が進行することも無いようなので継続使用します。
イメージ 18

カムを取り付けます。イメージ 19

バルブクリアランスを確認します。イメージ 20

完成まであと少し。(^^)イメージ 21

イメージ 22