GPZ1100R M.M様 エンジン完成と試運転

エンジンが完成したので、補器類やサブフレームを取り付けます。イメージ 1

この仕様は、とにかく部品点数が多くなりますね。後はキャブです。イメージ 2

組立が終わったので、油脂類を入れてエンジン始動します。イメージ 3

液体の漏れが無いかチェックします。イメージ 4

暖気をしたら、バランサーギヤのバックラッシュを調整します。
クランクを交換しているので必須の作業です。
イメージ 5

動画はこちら。
ギヤのセリ音が無くなるところで固定します。

IMG 4012

各部の調整が済んだので、試運転に行ってきます。
イメージ 6

始めはエンジン回転3000rpm以下です。
エンジンの慣らしは徐々に回転を上げながら500kmほど実施してください。イメージ 7

これで完成です。
エンジンの慣らしが終わったら、キャブセッティングを再確認します。
イメージ 8