Z1000Mk2 S.Y様 ミッションベアリング交換

ミッションベアリングが破損しているので、エンジンを下ろして修理します。
イメージ 1

下ろしやすいよう、ヘッドカバーはスリムなヨーロッパ仕様に変更しておきます。
先ずは下からジャッキで持ち上げ、
オイルフィルターボルトの頭をフレームの外側へ出します。
イメージ 2

フレームの右側ダウンチューブを軸にエンジンを右に傾けると、
エンジンがフレームから抜けてきます。イメージ 3

そのままゴロンと右側に倒せば、エンジンが下せます。
全て一人作業でOKです。
イメージ 4

エンジンが下りました。イメージ 5

ミッションベアリングの交換のみなので、
裏返してロアクランクケースだけ分解します。イメージ 6

オイルパンを外します。だいぶスラッジが堆積しています。
特に大きな異物は見当たりません。
イメージ 7

オレンジの粉は、マグネットを止めている接着剤が剥離したものです。
Mk2系エンジンではよくあることです。
イメージ 8

左右のカバー類を外します。イメージ 9

ロアクランクケースを分離します。イメージ 10

アウトプットのボールベアリングは、アウターレースがイメージ 11縦に割れています。

アウトプット側のミッションを取り出します。イメージ 12

ボールベアリングのアウターレースは、
ポジションリングの溝に沿って割れています。
2:1位の割れ方をしているので、かろうじてシャフトは支えられていたようです。
イメージ 13

取り外すとこんな感じです。イメージ 14

幸い、ケース側にはほとんどダメージはありませんでした。イメージ 15

ミッションのギヤなどにも特に異常は無いようなので、
破損したベアリングの交換のみで修復できそうです。
イメージ 16

スプロケットが固定されていなかったので、
衝撃荷重でスプラインは摩耗しています。
イメージ 17

摩耗痕は現在付いていたスプロケの歯幅より狭いので、
過去に別のスプロケで摩耗した痕のようです。
イメージ 18

インプット側も分解して点検します。イメージ 19

過去の交換履歴が不明のため、ベアリングは全て新品交換します。イメージ 20

ベアリングを交換したら、クラッチハブを規定トルクで締め付けます。イメージ 21

インプット側のこのレースだけは生産終了なので継続使用します。イメージ 22

内部にOリングがあるので、それだけ新品交換します。イメージ 23

この穴はクラッチプッシュロッドが通る穴で、
ベアリングレースから軸心にオイルが供給され、
インプット側の各ギヤにオイルを供給する通路でもあるので、
このOリングは重要です。
イメージ 24

アウトプットシャフトを組み立てます。イメージ 25

ミッションをケースにセットします。
イメージ 26

クランクケースを合体します。イメージ 27

オイルポンプを取り付けます。イメージ 28

オイルパンは洗浄して取り付けます。イメージ 29

オイルフィルターのバネのところにあるはずのワッシャーが、
欠品していたので追加します。これはよく知らずに無くすことが多いので要注意。イメージ 30

オイルパンまで組み立て終了。
オイルパンのボルトは短かったので、純正の長さの物に交換しました。
イメージ 31


エンジンを車載します。イメージ 32

車載完了。イメージ 33

軸のガタは無くなりました。これが正常な状態です。
イメージ 34

破損したベアリングを分解してみます。イメージ 35

ボールのケージを取り外します。イメージ 36

ボールを外して分解します。イメージ 37

内輪の転動面は広範囲に剥離しています。
イメージ 38

反対側はこんな感じ。イメージ 39

外輪は一見キレイに見えますが、拡大してよく見ると表面はかなり荒れています。
イメージ 40

ボールも拡大してみると、細かい異物を噛んで凹みだらけです。イメージ 41

今回の破損の原因を推測してみましょう。
ベアリングメーカーのカタログに事例が載っています。
イメージ 42

写真入りで、いろいろな破損例が載っています。イメージ 43

今回の事例は、こちらのフレーキングのようです。
過荷重によるものが主な原因です。
過去に、チェーンの張り過ぎなどがあったと考えられます。
イメージ 44

ちなみに、このベアリングのスペックはこんな感じ。
静的耐荷重は15500N(ニュートン)、動的耐荷重は21500Nです。
イメージ 45
ベアリングが壊れたということは、これ以上の力がかかったということになります。
チェーンの張り過ぎには注意しましょう。