Z1000Mk2 S.Y様 マフラーステー溶接取り付け

バックステップに使われていたマスターを流用するため、
こんなアダプターを用意しました。
イメージ 1

アダプターをフレームの内側からセットします。イメージ 2

アダプターの長さを調整しながら、リヤマスターの位置を決定します。イメージ 3

角鉄スイングアームとフレームの狭い隙間をプッシュロッドが通るため、
プッシュロッドはくの字型の変則的な形になります。
イメージ 4

プッシュロッドを取り付けるとこんな感じです。イメージ 5

車体に合わせて、ブレーキホースを製作します。イメージ 6

部品はEARL'Sのステンレス製です。イメージ 7

ホースは透明なビニールチューブを被覆代わりに使います。イメージ 8

リザーバータンクは空いたスペースに設置するため、
こんなステーでマウントします。イメージ 9

ホースをつなぎ、フルードを入れエア抜きします。イメージ 10

リヤブレーキが完成しました。イメージ 11

その次にやっとマフラーのレイアウトを検討します。
既存の3角ブラケットは削除します。
イメージ 12

サイレンサーマウント用には、ワークス車風にパイプをステーを準備します。イメージ 13

マフラーの角度を決め、その形に合わせてステーの長さを調整し、
車体に取り付けたまま溶接で点付けします。
イメージ 14

そのまま表側は本溶接します。イメージ 15

サイレンサーを一旦外します。イメージ 16

更にブラケットの裏側も溶接します。イメージ 17

車体側マフラーステーの裏側も溶接するため、再度ホイールまで外します。イメージ 18

ぐるっと裏側まで溶接します。イメージ 19

冷えたところで、刷毛で塗装して完成です。イメージ 20
イメージ 21