Z1000Mk2 S.Y様 完成しました

昨日のキャブセッティング中にエンジン始動ができなくなりました。
現地でチェックしたところ、
イグニッションの電源がフレームに短絡しているのが原因とわかりました。
応急処置して戻ったので、修理します。
イメージ 1

はじめ、テープが巻いてありましたが、
わずかに覗く素線がフレームにガセットに接触していました。イメージ 2

テープで絶縁し、これでもう大丈夫。
イメージ 15

フレームバックボーンにある橋渡しの補強が、タンクと干渉しています。
これに当たりタンクが一番前まで届かない状態です。
イメージ 3

タンクの鋼板も摩耗して少し薄くなっています。
これは、タンク側を凹まして逃げを作った方がいいでしょう。
イメージ 4

今回のメニューはこれで終了です。
予期しないミッションベアリングの交換に始まり、
ワークスバックステップとオイルクーラーの取り付け、
キャブセッティングが主な内容でした。
残りはまた次回ですね。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14