Z1000Mk2 K.H様 オイルクーラーブラケット製作

ワークス仕様のオイルクーラーを製作します。
先ずはコアの加工から。フィンが変形しないよう養生します。
イメージ 1

ミミをカットします。イメージ 3

切断面はバリ取りと面取りをします。
下側がバリ取りと面取りが終わったものです。イメージ 2

続いて、サイドに穴開けするので位置をポンチで軽くマークします。イメージ 4

穴開け用のドリルを用意します。
刃先を一文字に研いだドリルと、突き抜け防止用のガイドになるゴムホースです。
イメージ 5

刃先が1ミリほど出るようにセットします。イメージ 6

穴開けします。深く貫通するとオイル漏れの原因になるので要注意。イメージ 7

1面8ヶ所の穴開けが終わりました。イメージ 8

穴から見えるフィンの端の方は、ドライバーでこじって端に寄せておきます。イメージ 9

穴の面取りをします。イメージ 10

近似色のシルバーで加工面を塗装します。イメージ 11

これで当時風のコアが完成です。イメージ 12

Mk2用のワークスオイルクーラーブラケットを製作します。イメージ 13

左が上側用で、フレームのガセットを切り欠いて溶接止めするので鉄製です。
右は下側用で、アルミ板を溶接で組み立てています。
下端の棒はフレームのダウンチューブに溶接止めします。
イメージ 14

コアを仮組するとこんな感じです。イメージ 15
イメージ 16