Z1000Mk2 T.H様 トラス補強スイングアーム製作

光軸が合わせられないので、ライトステーを社外品から純正品に戻します。イメージ 1

アッパーステムを外してライトステーを差し替えます。イメージ 2

純正ライトステーに戻しました。
ヘッドライトの位置も、やはりこの位置がしっくりくるようですね。
イメージ 3

光軸調整も大丈夫に。イメージ 4

ETCも新規で取り付けます。イメージ 5

続いて、本題のスイングアーム加工です。
既存のノーマルに補強するので外します。
イメージ 6

フロントスプロケット周りがオイリーですが、
オイルシールは漏れていないようです。
イメージ 7

リヤショックはレイダウンしますが、グラブバーは残すのでカラーを製作します。イメージ 8


グラブバーだけ復元します。イメージ 9

レイダウン位置にマーキングします。
今回はカワサキワークスMk2の位置です。
イメージ 10

フレームにボス取り付け用の穴を開けます。イメージ 11


レイダウン用ボスを差し込みます。イメージ 12

内外とも全周溶接します。イメージ 13

刷毛塗りで塗装を補修します。イメージ 14


溶接の際避難していたSP2本体を戻します。
現状のダイヤルはF-0ですね。
イメージ 18

左側(画面下側)のダイヤルはレブリミットですが、
Z系エンジンの場合は、
事実上最低の9200rpmになるダイヤル0しか選択肢はないでしょう。
右側のダイヤルは点火時期ですが、
基本は0で、そこからセッティングしていきます。
イメージ 17

スイングアームは、ピボットのベアリングの具合を確認します。イメージ 15

グリスの状態は良いですが、
インナーレースも兼ねるカラーには腐食の痕が若干あります。
長期放置の履歴があるのでしょうか。
イメージ 16

不要なステーなどを削除します。
サス受けは10ミリオフセットするので、こちらも一旦切り取ります。
イメージ 19

トラス補強の材料パイプを切り出します。イメージ 20


必要なところを曲げ、断面を擦り合わせます。イメージ 21

ワイドタイヤに対応させるため、タイヤの干渉部分に逃げを作ります。イメージ 22

治具をセットし、プレスします。イメージ 23

溶接前にスイングアームに歪が無いかを確認します。
イメージ 24

主要部分を溶接したら、再度歪が無いことを確認します。イメージ 25

全ての補強パイプを溶接してほぼ完成です。イメージ 26

後はトルクロッド受けの追加とオフセットサス受けの取り付けです。
イメージ 27
イメージ 28