Z1000Mk2 T.H様 カム周りの点検

エンジンの調子はいいそうですが、
入手前の履歴が不明なので、ヘッドカバーを外してカム周りを点検します。イメージ 1

ヘッドカバーを外します。カム山は綺麗です。イメージ 2

カムホルダーの締め付けトルクを確認します。
1ヶ所は緩んでいましたが、全て規定トルクは掛かるのでネジ山は大丈夫です。
イメージ 3

レンチで前後にクランキングしてみると、
回転方向を変えた時にカムチェーンのたるみを感じます。
Mk2はオートテンショナーなので、たるみがあるのは不具合の印です。
イメージ 4

トップアイドラーは、軸受周りのゴムの剥離も無く問題ありません。
カムチェーンテンショナーを外して点検します。
イメージ 5

プランジャーが戻るようなことも無く、機能は問題無いようです。
イメージ 6

現状の伸び切り状態で、プランジャーの突き出しは約31ミリです。イメージ 7

伸びきった状態でシリンダーに戻してみると、奥まで入ってしまいます。
テンショナーの最大ストロークを超えて、カムチェーンがたるんでいたようです。
イメージ 8

トップアイドラーを外します。イメージ 9

カムも外すので、タコギヤを外します。
オイル漏れしていましたが、Oリングのヘタリが原因のようです。
イメージ 10

カムホルダーを外します。イメージ 11

ホルダー側のカムメタルは、特に問題ありません。
イメージ 12

カムを外してカムチェーントンネル内を覗けるようにします。イメージ 13

シリンダー上部前方にある、アイドラーとカムチェーンガイドを点検します。イメージ 14

アイドラーは特にぐらつきも無く問題無いようです。
その下にあるカムチェーンガイドは大きく摩耗しています。
イメージ 15

比較用に新品のガイドはこちら。カムチェーンの溝は無く平らです。イメージ 16

テンショナー側のアイドラーもガタはありません。
ガイドローラーは摩耗していますが、それほど酷くはありません。
イメージ 17

カムチェーンの過度のたるみの原因は、
ガイドの摩耗とカムチェーン自体の伸びが原因のようです。
バルタイが若干遅れているのもそれを裏付けます。
今回の対処としては、ストロークの若干長いPMC製のテンショナーを使います。
近い将来のエンジンのオーバーホール際は、カムチェーン交換は必須となりますね。
イメージ 18