Z1R2 N様 フロントマスター交換

バッテリーが過放電しているので、ジャンプしてエンジン始動チェックします。 ・ 過放電したショーライバッテリーは、 ショーライの専用充電器ではなく通常のMFバッテリー用充電器で充電します。 見かけは13V以上になりましたが、 1度の過放電が大きなダメージとなるのがこのバッテリーの特性のようです。 元の性能は回復していないと考えてください。 ・ ラップタイマーはZiiXを使います…

続きを読む

Z1R2 N様 追加メーター取り付け

追加メーターを取り付けます。 ・ ヨシムラの油温センサーはこちら。 ・ センサーハーネスは、耐熱性のあるガラス網組チューブで保護します。 ・ 当時風でない赤いセンサーは、黒く塗って目立たないようにします。 ・ 本体の固定は、 付属のマジックテープは使わずにデュアルロックファスナーに変更します。 ・ 油温計本体の取り付けはこの辺に。…

続きを読む

Z1R2 N様 強化ダイマグスプロケキャリア取り付け

当時物のダイマグをレストアして使用していますが、 スプロケットキャリアは強度不足で傷んでくるものが多いです。 こちらのダイマグもスプロケボルトのトルクが掛からなくなり緩みがちでした。 ジュラルミン削り出しで製作した強化キャリアに交換します。 ・ 円形の形状はコストを抑えるための設計です。 ネジ部はダイマグ純正同様、ヘリサートを挿入します。先ずはネジ切り。 ・ ヘリサートを…

続きを読む