Z1000J S.T様 ヘッドのオーバーホール

シリンダーの軽いスカッフを均すためフレックスホーンをかけます。 ・ ヘッドは特に修理や加工の痕も無く程度のいいものでした。 ・ バルブシートの擦り合わせで復活できそうです。 ・ バルブも継続使用OKです。 ・ ステムシールは緑色の社外品が付いていました。 エキゾースト側は色も黒っぽく変色し、リップも硬化しています。 ・ カーボンを…

続きを読む

Z1000J S.T様 エンジン腰上分解

コンプレッションを計測してから、エンジン腰下を分解します。 値は11.0~12.0kg/cm2と高めですが、 クランキング回転数が高かったせいだと思います。始動系が強力のようです。 ・ カムホルダーボルトのトルクは問題なし。 ですが、全数とも緩めるときに渋いのでネジに問題ありそうです。 ・ シリンダー右側のM6ボルトは、トルクが掛らず空回りします。 ・ ヘッドは面研も無く、…

続きを読む

Z1000J S.T様 白煙の現状確認

こちらも白煙でお困りのお客様です。 白煙を少し噴く状態で中古購入されたそうですが、 そろそろ本格的に修理したいとのことでの入庫です。 ・ こちらも車載カメラを積んでチェック走行に行きます。 ・ 空吹かしやエンブレ時、又その直後のアクセルオンの時に白煙が確認できます。 Z1000JST こちらも典型的なオイル下がりの症状なので、 分解修理していきます。

続きを読む