Z1000Mk2 レストア やや修正

スターターを回した際、
スタータークラッチが引っかかる様な動作をするので、
ギヤを交換することにしました。
イメージ 1
左が今でも買える純正新品です。
右は外した不具合品ですが、一見すると問題ないように見えます。
実際にはワンウェイクラッチのローラーが転がる面に、
指で触ると僅かに凹みがあるのが解ります。
まだ使える範囲とは思いましたが、
以前から症状が出ていたということで新品交換しておきます。
イメージ 2
ローターの締めつけはマニュアル通りの規定トルクで。
このバイクの中で一番締め付けトルクが大きいところです。
イメージ 3
サイドスタンドの長さも微調整することに。
2センチ位短縮します。
イメージ 4
接合面は大きく開削し、深いところから溶接していきます。
イメージ 5
 
イメージ 6
溶接部分は綺麗に慣らしておきます。
下の線が元の輪郭線です。
イメージ 7
 
イメージ 19
車高はノーマルより少し高いのですが、
軽く起こせる角度に調整できました。
イメージ 8
完成画像
※クラッチケーブルは、後でショートに変更します。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 18
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17

"Z1000Mk2 レストア やや修正"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: