GPZ900Rライム デジタルメーター取り付け

メーターブラケットをイグニッションスイッチと共締めで取り付けます。
イメージ 1
ライダー視線に合わせた角度でハンドル側にメーターをマウントします。
イメージ 2
プラグキャップがZRX用になるので、コードとキャップを組み替えます。
イメージ 3
コイルはノーマルを使用します。
イメージ 4
ヘッド後方のウォーターパイプは、
ZRX用とニンジャ用を2個いちします。
イメージ 5
溶接後、水中で漏れが無いか確認します。
イメージ 6
今回、フレーム塗装は見送ったので、
サビの酷いところだけタッチペンしておきます。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
ブレーキとクラッチのマスターはブレンボになります。
イメージ 11
電装品関係の改造を一通り終えたところで、
電源投入して動作をチェックします。
イメージ 12
クラッチカバーはオイルフィラーの無いニンジャ用にするので、
ミッションカバーをニンジャ用にしてオイルフィラーを確保します。
イメージ 13
 
 
イメージ 14

"GPZ900Rライム デジタルメーター取り付け"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: